​経皮毒と言われるものについて

皮膚につけるものもアレルギーの元になることもある?

合成界面活性剤について

私たちが生活して行く上で、日常的に使用しているもの…例えば、シャンプーやリンスなどのコンディショナー類、歯磨き粉、化粧品類などにも、実は配慮が必要です。一般的に、化学的に作られた製品には、水と油を乳化させるため、大体のものに合成界面活性剤が使用されています。

合成界面活性剤は、化学的に作られた色素や香料などの成分もいっしょに引き連れて、毛細血管から体内に浸透してしまうと言われています。

合成界面活性剤が有害であるということは、現在では、ご存知の方は多いかもしれませんが、普通に市販されていればなんとなく…大丈夫だろうと安心して使い続けてしまうのが現状ではないでしょうか。なぜならすぐに何か害が目に見えることは少ないからです。しかし、毎日の積み重ねは大きいものです。…長い目で見ると、肝臓や腎臓、子宮など…体内に蓄積されてしまう心配があります。体内での分解、そして体外への排泄がうまく行かなければ、アレルギーの症状として現れることもあると言われています。

女性の子宮を脅かすという点も、かなり心配です…妊娠出産にも関係があります。赤ちゃんができた時に、赤ちゃんを育む胎盤、羊水の状態に影響を及ぼすということは、誰でも想像がつくことですね。

私個人としては、やはり自分自身が子供の頃からアレルギー体質で苦しんだ経験もあり、また、たまたま若いうちに、良い自然化粧品と出会い、関心を持って学び、様々な情報を得る機会もあったお陰で、独身の頃から気をつけることができました。子供ができた時に、自分と同じような大変な思いをさせたくないとも思っていました。

お陰様で、今の所、息子たちはアレルギーの症状というのはほとんどありません。春先に、無防備に自転車に乗って遊び回ると、少々くしゃみが出たり、目がかゆくなったりするようですが、うがいをしたり、洗ったりすればすぐに治る程度です。

今からでも遅くありません。体質を整えるために、食事や、日用品の見直しなど、日常の様々なことに意識を向けて、焦らず長い目で見て改善して行けば、きっと良い変化が現れることでしょう。

古河市ヨガ、小山市ヨガ、野木町ヨガ、館林市ヨガ、ヨガ教室