​梅雨は脾をいたわり養う季節

湿気の多い梅雨の時期は、なんとなく気だるく、やる気が出なかったり、食欲が出なかったり、お腹をこわしたり・・・

​湿度が高い時期でもあり、体の面でも、汗をかきにくく、体内に湿がたまりやすい・・・

梅雨の季節は、脾の働き・・・消化吸収、エネルギー代謝などの働きが弱りやすく、内臓下垂にも気を付けたい時期。

冷たい飲み物などは、なるべく避けて、冷えないようにすることも大切です。カボチャや、トウモロコシ、ジャガイモ、また、生姜などを食すると良いといわれています。

消化・循環機能アップのヨガポーズ → ねじりのポーズ

​身体を捻じることによって、体内の循環を高め、デトックスを促し、栄養も行き渡りやすくなります。

古河市ヨガ、小山市ヨガ、野木町ヨガ、館林市ヨガ、ヨガ教室