​冬は腎をいたわり養う

冬は「腎」をいたわる季節といわれています。

「腎」とは、腎臓、ホルモン、免疫、喉、耳(聴覚)、骨や髪、肌の乾燥にも関連があり、働きが鈍ると、いわゆる老化につながります。

寒さを防ぎ、腰の周りを特に温かく保ちたいものです。

食べるものとしては、黒っぽいもの・・・黒ゴマ、ヒジキ、昆布、のり、しじみ、あさり、醤油、納豆などなど・・・良質なミネラル(化学調味料や精製塩でない良質な天然塩など)も意識的に食べると良いとされています。

ゴボウや人参などの根菜類、生姜も・・・・温かい鍋もいいですね♪

空気の乾燥に加えて、寒さによる血流低下で、お肌も髪もカサカサ、パサパサしがちですが・・・

​外的なお手入はもちろんの事・・・ヨガで身体を動かして・・・血流を良くし、食事も大切にしながら・・・・・・・・

ほっこりと♪楽しく冬を過ごして行きましょう(*^^*)

古河市ヨガ、小山市ヨガ、野木町ヨガ、館林市ヨガ、ヨガ教室