top of page

春の骨盤♡

春は骨盤が緩む時期・・・♡

東洋的な思想においては、季節と身体の状態や働きには、密接な関係があるとされています。

春は、東洋医学において「木の気」と呼ばれる気が支配的で、身体の気や血の働きが活発になり、代謝や解毒が促進されると考えられています。

冬に溜め込んでいた老廃物を排泄するための力が、一気に働き始めると言った感じですね!


春は骨盤が緩むことと、肝臓の働きが活発になることから、身体全体のデトックスが進むとも考えられます。


肝臓は、身体の中で最も重要な解毒器官であり、体内の有害物質を無害化し、排泄する役割を担っています。

春に肝臓の働きが活発になることで、身体の解毒能力が高まります。


また、骨盤が緩むことから、身体のエネルギーが流れやすくなり、身体の調和がとれやすくなるとされています。


この季節は、身体を捩じる動きや、ヨガのポーズがデトックスの促進に役立ちますよ(*^^*)

背骨を強くねじるような、捩じりのポーズは、骨の間に溜まった老廃物も排泄しやすくなるといわれています。

良い水もしっかり摂って積極的にデトックスしましょう♡


また、暖かくなってくるこの時期、骨盤の緩みが身体に与える良い影響として、血流の促進が挙げられます。

骨盤は、下半身の血管や神経の通り道となっており、骨盤の緩みが血流を促進することで、下半身の血行不良や冷え性などの緩和も期待できます。


さらに、腰痛や肩こりも和らぎます。骨盤が緊張していると、身体のバランスが崩れ、腰や肩に負担がかかりやすくなります。

そのため、骨盤が緩むことでそれらの緊張も緩和されます。

その時に良く体を動かしてあげると、腰痛や肩こりの改善につながります。


ただし、骨盤が緩みすぎることは、逆に身体に負担をかけることにもなります。

適度な運動やストレッチなどで、骨盤をしっかりと支える筋肉を鍛えることが大切です。


また、骨盤底筋の働きが弱ってしまうと、尿漏れや、骨盤内の臓器下垂などになりやすいということは知られている事ですね。

ヨガの橋のポーズなどを行って日頃から鍛えておきたいものですね。


適切な姿勢を保ち、日常生活での骨盤の使い方にも注意することで、健康的な骨盤の状態を維持することができますよ♡


あ!

そうそう

骨盤は頭蓋骨とも関連しています。

私は体感的にそう感じていましたが、そうなのです。

骨盤周りが凝ってるという事は頭も凝ってる?!かも(*^^*)


何はともあれ要の骨盤♡



💕次回のヨガワークショップは4月29日(土)スペースU古河13時半~・・・ザ・骨盤!ということで、骨盤の調整ヨガにフォーカスして行います。


後ほど参加者を募集いたしますので宜しくお願いします(*^^*)♡



💕4月7日8日9日は10時半〜


大阪仮想空間「未来創造」の2階にてイージープライベートレッスン有ります♡


大阪市玉造の音浴サロン 仮想空間「未来創造」


お近くで興味ある方ご連絡下さいませ♡


未来創造はこちら↓



リラスマイルYOGA教室 古河 ♡ オンラインヨガクラス













Comentarios


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page