2022年♡今年初のしもつかれ(すみつかれ)~下野の国(栃木県)に伝わる郷土料理♡小山市のお隣古河市でもよく作られています

しもつかれと言えば、毎年初午の日に作られる栃木県の郷土料理(北関東の色んな所でも作られる)で、とても胃に優しい美容食♡・・・とも言えるような?栄養のある料理。

材料は大根・人参・大豆・油揚げ・鮭のお頭・酒粕など・・・

もともとは、昔、豊作を祈願してお稲荷神社にお供えをしたのだそうです。


初午の日に限らず、お正月が明けるころになると各家庭で作られて、ご近所同士で交換し合ったり・・・そのお家によって味付けが色々なので結構楽しめるのです。

うちのお義母さんの話によると、ちょうどこの時期は、畑の大根が固くなってくる頃でもあるので、昔は畑に残っていた大根を固くなる前に引き抜いて沢山のしもつかれを作ったのだそうです。

しかしながら、大根を鬼下ろしですりおろすので結構な力のいる作業・・・量を多くつくるのは体力がいるようです。


今年、さっそく義母さんが作ってくれました。お隣のお家からも届きました(*^^*)

どちらもとても美味しかったです。

我が家のは調味料はほぼ使っておらず、砂糖も塩も一切使わず。ほんのちょっと醤油の隠し味。あとは鮭のお頭の塩分と酒粕、野菜の甘みだけ。

大豆の香りもして、私は大好きなのです。


年末からお正月にかけて食べすぎている胃に・・・とても優しい郷土料理です♡

優しい料理を食べて、硬くなった身体をヨガでほぐして、今年も元気に頑張ろう♡


古河市のヨガ教室 リラスマイルYOGA


オンラインヨガクラス♡リラスマイルYOGA







特集記事