2021年の「しもつかれ」・・・」栃木周辺の郷土料理です

「しもつかれ」とは、旧暦の2月の初午の日に食べるとされている、栃木県周辺の地域(北関東周辺)の郷土料理です。

ちょうど、年末からお正月に食べすぎたり飲みすぎたりして、疲れた胃にやさしい料理。

しかしながら、見るだけでイヤという方もいらっしゃるようですね(*^^*)


私は茨城の古河にお嫁に来て、初めて知りました。そして、なんと!我が家のお姑さんは作るのがとても上手で、私はすぐに馴染んで食べる事ができました。

我が家の物は調味料は一切使わず鮭のお頭の出汁と塩気、酒粕の味と野菜そのものの味。

本当に美味しくて身体に優しいお料理・・・大好きです。


しかも、食材は主に、すりおろした大根と人参、鮭のお頭、油揚げ、酒粕などで、胃にも優しく、美肌効果も期待できるのです♡

コラーゲンやアスタキサンチン、ビタミンD、やビタミンA、ビタミンB1やB2・・・


今年も我が家で作ったものの他、ご近所さんからも幾つか頂戴しました。


そのうち2軒のお宅からは、男性が作ったしもつかれでした。


こちらのもとっても美味しかったです。




特集記事