自律神経を整える♡クンバク(息を止める)ヨガの呼吸法💕イライラや不安を鎮めて心を安定させよう💕

ここのところ一気に秋も深まり

そろそろ冬支度の時期となってきましたね(*^^*)

皆様いかがお過ごしでしょうか?

季節の変わり目ということもあり、寒暖差による自律神経の乱れも気になりますね。


今日はクンバクの呼吸についてです♡

ぜひ日常に取り入れてやってみていただけたら心の安定につながると思いますよ。


ヨガの呼吸法には沢山の種類がありますが、途中で息を止めるクンバクの呼吸法もあります。

いつもヨガのクラスでは行っていますが、自律神経の働きを整え、ストレスの解消に役立ちます。


イライラを鎮めたり、不安な気持ちを落ち着けるなど、心の状態にも影響があります。呼吸も深まりリラックスできて、集中力を高めることにも繋がります。


姿勢を良くして胡坐でも良いし、正座でもOK、それが辛い方は椅子に座っても、仰向けの状態でも大丈夫です。


まずは一度大きく息を吐いて・・・

鼻から4秒ほどで息を吸って、息を止める・・・4秒ほど・・・その時には肛門、会陰を引き締めて全身にエネルギーを巡らせるイメージをします。


そして鼻からゆっくり息を吐きだします。苦しくなければ8秒ほどで吐く。苦しかったら4秒ほどでもOK。

(簡単なのは、吸うときにゆっくり3つ数えて、6つ止めて、吐く息ゆっくり3つ~6つ数えるようでもOK)


この一連の動作(呼吸)を繰り返し行います。

繰り返し5~10回ほどを目安に行ってみるとよいです。


その後はそのまま自然呼吸に戻してリラックス。

心身がゆったりとしますよ(*^^*)


日常に取り入れて行ってみていただければ幸いです💕


リラスマイルYOGA教室 古河 野木 館林 オンライン💕大阪玉造