秋の気配とともに・・・「肺」・・・呼吸器を守りましょう

九月に入り、日中の残暑はまだまだとは言え、朝晩はだいぶ涼しい風を感じるようになりました。 日中暑いときの蝉の鳴き声から・・・・暗くなるにつれてコオロギか何か? 虫の鳴き声が・・・・やはりちょっと秋を感じますね。 本格的な秋はお彼岸が明けてからでしょうが・・・・ 秋の養生としては、「肺」を大事にしたい季節です。肺や、大腸・・・・お腹を守る意識をもって生活することが大切です。 春は肝臓、梅雨時期は脾臓、夏は心臓、秋は肺、冬は腎臓・・・・季節と私たちの身体の働きは関連性があると言われています。 涼しい風が吹く頃になると、急になんとなく・・・乾燥を感じるようになります。 湿り気の多かった季節から、乾燥の季節への移行に、身体を慣らしていく時期でもあります。 空気の急な乾燥にダメージを受けやすいのが肺です。特に明け方は咳が出やすくなります。呼吸器系を大事にしましょう。 素肌も、なんとなく涼しくなると、乾燥してきますね。素肌も皮膚呼吸をしていますので、関係が深いようです。夏にふやけた肌が、なんとなくカサカサとしてきたり・・・・・ ダメージを受ける前に、夏から秋肌へのお手入れをしてあげたいものですね。 そして精神面でも、寂しさや悲しみを感じやすい時期・・・・センチメンタルな気分になりやすいのも秋。 ヨガを続けることによって、肺、呼吸器系全体の働きは自然と高まっていきますが・・・その他、秋の養生としては、辛みのあるものを食すると良いと言われています。適量であれば胃やお腹をピリッと刺激して、消化を助けて、大腸の働きも良くなると言われています。唐辛子や生姜、ねぎ、大根(辛み)、玉ねぎ、わさびや山椒、

​カテゴリー

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
特集記事